PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上沼式お好み焼き

20070211090329.jpg  ベイエリアは雨季らしい
  お天気で、朝からしとしと
  雨が降っています。

  昨日から、ずっと前にぶつ
  けた足が痛くなり、歩くの
  も大変な状態に(>_<)
  このお天気のせいでしょう
  か?!


そんな状態なので、お昼はお好み焼きを夫につくってもらいました。

私の実家の両親は広島出身なのですが、お好み焼きの生地には「うどん」を混ぜこんでいました。炭水化物たっぷり、という食感です。
それが広島風なのだと子供の頃から思い込んでいましたが・・。社会人になって出張で広島に行った際、生地や具を層にして作る、正しい広島風お好み焼きを食べました。

私は実家方式ではなく、数年前にテレビでみた「上沼恵美子方式」を参考に作っています。
番組の料理コーナーで、ご本人がちゃちゃっと手際よく作られていました。
 ・ 水にだししょうゆ少々で味付けし、おろした山芋、薄力粉を混ぜる
 ・ キャベツ、青ねぎたっぷり、天かす、紅しょうがを加える
 ・ 卵を加え、4~5回ふんわりと混ぜる (混ぜすぎないのがコツ)
 ・ フライパンにゴマ油をひき、生地を流す。豚バラ薄切肉をのせ、蓋をして焼く
 ・ ひっくり返し、へらで2~3箇所穴をあける (へらで押さえないこと!)
 ・ 焼きあがったら、ソース、和からし+マヨネーズ、青海苔、おかかをのせる

記憶が定かでないですが、大体こんな作り方だったはず。
卵を混ぜすぎないのがコツで、出来上がりはふんわり柔らかいのが特徴です。


スポンサーサイト

| うちごはん | 09:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pinogon.blog91.fc2.com/tb.php/9-4856e5d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。