PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バレンタインの晩ごはん

20070213052539.jpg  20070213055515.jpg

今日は、少し早いけれどバレンタイン用の晩ごはん♪
当日は、夕方に学校があって時間がとれないので、前倒しです。
メインは「ケーキ!」なので、料理は軽めのメニューとしました。

◎ メニュー
・ 帆立貝のグリル トマトソース
・ 牛肉のタリアータ
・ アスパラガスとベーコンのリゾット
・ チョコレートケーキ

帆立貝はニジヤで刺身用を購入。表面をさっと焼いて、トマトのドレッシングをかけますが、さっぱりして◎でした。川津幸子さん著「さあ、腕まくり」のレシピです。

タリアータとリゾットは、日本で通っていた料理教室でのレシピ。
初めてヒレ肉を買ってみましたが、とても美味でした。お肉を薄切りにして盛るので、量は少なくてOKなのもいいところ。

ケーキのデコレーションは難しい~。。なんだか中途半端です。
スポンジは日本の教室のレシピを参考に。粉はオールパーパス(中力粉)です。
というのも、元レシピで強力粉と薄力粉を半々で使っていたため。オールパーパスでも、ふっくらと焼けますよ。

以前、CAKE FLOURも試しましたが、きめが細かすぎ、かえって食感が悪い気が。。粉を替えたら、全体のバランスがよくなった気がします。

20070213045933.jpg


◎チョコレートケーキのレシピ(15cm丸型)


20070212152304.jpg  20070212153821.jpg
レシピは試行錯誤中。この量で15cm丸型を使うと、4cm高さのスポンジが焼けるはずです。
クリームは、使うチョコレートによって、味や甘さがかなり違ってくると思います。
今回、「VALRHONA 56%CACAO」を使いましたが、非常に甘み控えめ。いくらでもパクパク食べれそうな味です。

◎ ジェノワーズ生地         ◎ ガナッシュ
全卵          80g       生クリーム   240cc
グラニュー糖     60g       牛乳        60cc
オールパーパス粉 50g       チョコレート   100g
バター         20g
牛乳          15g

◎ シロップ
水            40cc
グラニュー糖     20g
オレンジキュラソー  5cc

◎ 作り方
・ 型の底と側面に、紙をしいておく
・ 深めのボウルに卵とグラニュー糖入れ、湯せんにかける。40℃まで加熱する
・ ハンドミキサーで泡立てる。たらすとリボン状になるまで
・ ふるった粉を少しずつ加えながら、木べらで混ぜる
・ 牛乳とバターを沸騰させ、生地に少しずつ加えながら混ぜる
・ 型に流し、170℃(約350°F)のオーブンで35分焼く

・ 生地が冷めたら、1cm厚さに3枚スライスする
・ 生地の両面にシロップを塗り、クリーム、胡桃と重ねる
・ デコレーションをして完成!

20070212152003.jpg 20070212152533.jpg
20070212152319.jpg

スポンサーサイト

| うちごはん | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pinogon.blog91.fc2.com/tb.php/11-131756a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。